2014.10.22 11:43

【インタビュー】5tion「2倍3倍4倍にして皆さんに愛を返したいです」

特集:
インタビュー
福島でライブを開催した5tion

福島でライブを開催した5tion【拡大】

 韓国の5人組ボーカルグループ、5tion(オーション)が、10月19日に福島市で復興ライブを行った。これまでに3回、福島を訪れて東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興を後押ししてファンを勇気づけている。11月12日にはセカンドアルバム「Rise&Shine」のリリース、12月22日には東京・中野ZEROでのコンサートを控え、旺盛な日本活動を展開しているメンバーのレン、マリン、ロイ、ノア、カインがインタビューに答えてくれた。

 ――福島でのコンサートは3回目ですがいかがですか

 ロイ「来るたびにみなさんからいつもたくさんの応援をいただいて本当にありがたいと思っています」

 ――福島では震災や原発事故がありました。今回も復興ライブということですが、どんな思いでコンサートに臨んでいますか

 カイン「最初は緊張したこともありましたが、今回で福島に来るのは3回目でいまはまったく心配はしていません。温泉はとても気持ちがいいですし、天気もいいですし、食べ物や果物が楽しくて本当に最高です」

 ロイ「東京などで公演したり、スケジュールが続いてとても疲れていますが、福島に来て温泉に入って美味しい料理を食べると本当に僕たちの方が元気になります。福島の方々はとても優しくて逆にエナジーをもらっています」

 ――11月22日に「Rise&Shine」がリリースされますが、どんなメッセージを込めて作りましたか

 マリン「今回のアルバムの僕たちのコンセプトは、曲を聴いてくれる皆さんの心を温めるために心を込めて歌りました。温かく癒やされてほしいと思います」

 ――とても活発な活動をしていますが、5tionの魅力はどこですか

 マリン「最近一番気合を入れているのが12月22日のコンサートです。魅力は自分で言うのも恥ずかしいですが、男らしいけど温かい優しさが魅力じゃないかなと思います。コンサートにいらしてくれれば他の魅力も見つけてもらえると思います。ぜひたくさんの方に来てもらいたいです」

 ――日本のファンへのメッセージをお願いします。

 マリン「みなさんにいつも愛されているのでその分、みなさんに倍返ししたいですね。2倍3倍4倍にして愛を返したいです。5tinoのことを忘れずに一緒に思い出をたくさん作っていきたいです」