2014.10.22 11:35

5tionが福島で復興ライブ「福島に来ると癒やされます」

ライブ後に観客とともに記念撮影を行う5tion=福島市

ライブ後に観客とともに記念撮影を行う5tion=福島市【拡大】

 韓国の5人組ボーカルグループ「5tion」(オーション)が19日、福島市の県教育会館で「福島復興ライブ」を開催した。5tionが福島を訪れるのは今回で3回目。美しいハーモニーやダンスに加え、客席を降りて観客と直接ふれ合うなど訪れたファンとともにライブを盛り上げた。

 シックな白いスーツに身をまとい代表曲「More Than Words」で登場し、「All for you~僕だけの宝物~」や11月12日に発売する「Rise&Shine」に収録されている「Shiny Day」まで一気に3曲を熱唱した後、メンバーのレン、マリン、ロイ、ノア、カインがそれぞれ日本語であいさつした。

 続いて、はるな愛のナレーションから始まる「僕たち結婚しよう」や「ハナミズキ」、「Message」など大人の魅力あふれるセクシーなボーカルで観客を魅了すると、ダンスナンバー「ミッチョンナバ」でも会場を熱狂させた。

 トークコーナーでロイは「忙しくてとても疲れていても福島に来て美味しい料理と温泉に入るととても癒やされる。福島に来ると体がとても良くなる気がします」と話し、福島のファンを喜ばせた。

 続いてカインが「福島の果物がとても好きです。モモ、ブドウ、ナシ。本当においしいです」と笑顔を見せれば、ノアも「福島の方々は心が温かくて綺麗」。そしてレンは「昨日は本当に美味しいお店でごちそうさまでした。本当に美味しかったです」と福島を堪能している様子だった。

 日本に留学経験のあるマリンは「福島に来ると本当に優しくしてくれて癒やされます。ふるさとみたいに気持ちが楽になりますよね。今日の夜も生まれて2番目にこんなに綺麗な星を見ました」と流ちょうな日本語で話した。

 11月12日に新曲発売、12月22日に東京・中野ZEROでの単独ライブとスケジュールが目白押しで、マリンは「たくさんの方の応援が必要です。メンバーのそれぞれの魅力を見せたい」と意気込みを語った。

 後半は「LOVE LOVE LOVE」や「Hey You」「NaNaNa」など5曲を歌い上げファンと一緒に盛り上がった。

 アンコールでは主催するNPO「ふくかんねっと」が作った「正しい福島を伝えたい」と書かれたTシャツを着て登場。SMAPの「世界に一つだけの花」を歌いながら客席に降りるサプライズで、ファンと手を握ったりしながら触れあいを楽しんだ。最後はファンとともに全員で写真を撮り、約2時間にわたるライブの幕を閉じた。