2014.10.16 05:04

こじ坂46、サプライズ熱唱!こじはる“敵地”乃木坂公演に登場

特集:
小嶋陽菜
乃木坂46
こじ坂46を結成し、フリフリスカートの“乃木坂風”衣装で登場した小嶋陽菜(左)。こじ坂の総監督に生駒里奈を指名した=東京・六本木

こじ坂46を結成し、フリフリスカートの“乃木坂風”衣装で登場した小嶋陽菜(左)。こじ坂の総監督に生駒里奈を指名した=東京・六本木【拡大】

 AKB48の小嶋陽菜(26)が15日、東京・六本木ブルーシアターで行われた乃木坂46の公演にサプライズ登場。9月17日の「AKB48グループじゃんけん大会」で結成した「こじ坂46」として、初歌唱した。

 ライブ中盤にスペシャルゲストとして、AKB兼任の生駒里奈(18)ら15人の乃木坂メンバーを引き連れて登場。公式ライバルグループの“大物”登場に、900人は大興奮だ。兼任以外のAKBメンバーが“敵地”で歌うのは初で、こじ坂はオリジナル曲「風の螺旋」を披露した。

 結成のきっかけは、じゃんけん大会の初戦で小嶋が生駒と対戦する際、川後陽菜(16)ら4人の乃木坂メンバーと「こじ坂46」として入場。最終的に準優勝し、「応援してくれた(乃木坂の)みんなと何かやりたい」と提案し、実現した。

 小嶋は「最近(AKB48劇場で)全然見ていない人も客席に見つけて、懐かしい気持ち」と笑わせ、さらに突然、生駒をこじ坂の総監督に指名するなど最後まで“こじはる節”全開でわかせた。同曲はAKBの新曲「希望的リフレイン」(11月26日発売)のカップリングとして収録される。

(紙面から)