2014.10.15 22:19

HKT若田部遥不敗神話!ソフトバンク、8勝1分けサヨナラ勝ち3度

特集:
HKT48
球場に姿を見せたHKT48の若田部遥=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)

球場に姿を見せたHKT48の若田部遥=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)【拡大】

 (パ・リーグ、クライマックスシリーズファイナルステージ第1戦、ソフトバンク3x-2日本ハム、ソフトバンク2勝、15日、ヤフオクドーム)かつてのダイエーのエース・若田部健一氏(45)の長女でHKT48の若田部遥(16)の不敗神話が継続された。

 この日は東京MXテレビで父は解説、娘はレポーターで登場。これまでレポーターを務めた8試合は7勝1分け、2度のサヨナラ勝ちを含む5度の逆転勝ちと驚異の数字を残していたが、この日も九回に逆転サヨナラ勝ち。

 遥は「すごいですね。まさかサヨナラ勝ちとは思いませんでした。頑張ったのは選手なので」と父を野球選手に持つ娘らしいコメント。健一氏は「(ソフトバンクが)初戦を取れたのは大きいですけれど。親子としても変な喜びがありますね」と感慨深げだった。

 労働基準法で15歳はテレビ出演が午後9時までと決められているが、9月26日に16歳になり、10時までレポーターが可能に。午後9時20分のサヨナラ勝ちを見届け「このまえ16歳になったので、今日ここにいられるので、本当にうれしいです」と大感激の様子だった。

試合結果へ