2014.10.10 05:05(2/2ページ)

前田敦子、猫なで声で初声優!「神さまの言うとおり」監督も絶賛

前田敦子、猫なで声で初声優!「神さまの言うとおり」監督も絶賛

特集:
前田敦子

 福士蒼汰(21)の主演で同名人気コミックを初実写化する同作は、退屈な日常を送る高校生たちが“負ければ即死”のデスゲームに巻き込まれるストーリー。生徒をゲームに誘い惨殺を繰り返すCGの衝撃キャラクターはダルマ、こけしなどユニークだ。

 前田は玉入れゲームに登場する巨大まねき猫役。「お背中かい~の。もっとかいてほしいにゃ~」と猫なで声でだまし、人を丸のみする狂気のツンデレ猫と化す。

 人気アニメ「ポケットモンスター」の短編映画でナレーションを務めたことはあるが、声優は初挑戦。オファーに対して「どうして私!?」と思ったというが、初体験の関西弁のセリフもクリアし、「声だけでツンデレにアプローチできたか不安だけど、前田敦子最大限の甘えを出せたと思います」。三池監督は「歌手だけあって、声に気持ちをのせるのが抜群にうまい」と絶賛した。

 他のCGキャラにも豪華キャストがズラリ。こちらも声優初挑戦となるベテラン俳優の山崎努(77)は嘘つきを叩きつぶすスノーボードに乗ったシロクマ役で、「本当に楽しんでアフレコをすることができて最高でーす!」とノリノリ。「ダルマさんが転んだ」ゲームの殺人ダルマ役はトミーズ雅(54)、「かごめかごめ」ゲームで残虐な殺戮を楽しむこけし軍団を、お笑いトリオのダチョウ倶楽部が3人そろって演じる。

 主人公の高校生を演じる福士は「迫力、おもしろさ、本当にすごいです!」と、豪華声優陣との“死闘”に武者震いしている。

(紙面から)