2014.10.6 15:57

CRAYON POPらがファミリーコンサート開催!来春の日本デビューも発表

 韓国の5人組人気ガールズグループ、CRAYON POPが10月4日、東京・品川ステラボールで、所属事務所のアーティストたちと「2014 First Chrome Family in JAPAN Concert」を昼夜2回開催し、来春の日本デビューを発表した。

 昼の部では、まず所属事務所の新人5人組ボーイズグループ、K-MUCH(カムルチ)、新人4人組ガールズグループ、BOB GIRLS、男性デュオ、Zan Zanがそれぞれ2曲ずつ披露。そして全出演者登場での抽選会の後、いよいよCRAYON POPのミニライブがスタートだ。

 独自のダサカワ路線で大人気の彼女たち。赤いバンダナと白い韓国伝統の作業着姿で、最新ヒット曲の「Uh-ee(オイ)」を披露。片足相撲の動きを取り入れたポイントダンスがコミカル&キュートに決まると、ファンは大興奮だ。

 メンバーは日本語で自己紹介し、世界的な大ヒットとなった「BAR BAR BAR」をエレクトリック・ダンスミュージック風にリミックスし、全出演者とジャンプして和気あいあいとパフォーマンス。会場が熱い一体感で包まれる中、最後のあいさつで重大発表が!

 「11月19日に日本限定ミニアルバムの発売が決定しました!」とグンミ(26)がニッコリ。「そして来年、ついに日本デビューシングル、リリースです!!」とソユル(23)が笑顔で発表。ファンの歓喜の雄叫びが響き渡る中、イベントを終えた。

 メンバーは昼のイベント終了後に記者会見を開き、「日本のファンの方々は私たちCRAYON POPの日本デビューを待っていてくださったので、今からすごくドキドキしていて、楽しみです!」とグンミ。

 また、レディー・ガガの北米ツアーのオープニング・アクトを務めたCRAYON POP。「ツアーでレディー・ガガさんとすごして、ガガさんは世界の皆さんから愛されるアーティストだと感じました。私たちもそんなアーティストになりたいです!」とチョア(24)が決意表明した。