2014.10.1 05:05

亀梨、上地らと絆メール!妻夫木は笑顔で熱愛質問かわす

 【バンクーバー(カナダ)29日(日本時間30日)】俳優、妻夫木聡(33)主演の映画「バンクーバーの朝日」(石井裕也監督)が、第33回バンクーバー国際映画祭の特別招待作品として上映された。戦前に実在したカナダの日系人野球チームを描く感動作で、妻夫木とKAT-TUNの亀梨和也(28)は当時の選手と対面。

 亀梨は、妻夫木をはじめ朝日軍を演じた上地雄輔(35)、勝地涼(28)ら共演者と劇中の野球を通じて絆を強め合ったと明かし、「いまだに連絡を取り合っています。今回も、みんなから『行ってらっしゃい』というメールをもらった」と告白。

 一方、妻夫木は8月に女優、マイコ(29)との熱愛が報じられてから初の公の場。プライベートの絆は順調?と聞かれると、笑いながら「なんですか、それ(=その質問)」とかわした。

(紙面から)