2014.9.29 05:03

「昼顔」でドラマデビュー!山口まゆ、舞台子役から映像の世界へ

「中学では吹奏楽部に所属して、友達と楽しくやっています」と愛くるしい笑顔を浮かべる山口まゆ=東京・渋谷(撮影・今井正人)

「中学では吹奏楽部に所属して、友達と楽しくやっています」と愛くるしい笑顔を浮かべる山口まゆ=東京・渋谷(撮影・今井正人)【拡大】

 現役中学生女優、山口まゆ(13)が、25日に最終回を迎えたフジテレビ系「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」でドラマデビューし、透明感のあふれる笑顔と新人とは思えない深みのある演技で注目を集めた。

 吉瀬美智子(39)演じる滝川利佳子の長女役で出演。情事にふける母親に複雑な思いを抱きながら、時には激しく反発する難役を演じ切った。これまでは子役として舞台などで活躍。今回は「映像の世界でも演技をしてみたい」との思いからオーディションを突破して出演を決めた。

 広末涼子(34)主演のNHKドラマ「聖女」(火曜後10・0)の第3話にも主人公の中高生時代役で出演し、話題に。山口は「初めてのドラマで緊張しましたが、周囲の方々に支えられました」と感謝。「撮影現場でも気遣いができて、女性に好かれる女優さんになりたい」と誓った。

(紙面から)