2014.9.18 05:04(1/3ページ)

生駒里奈、こじはるのおっぱい触れず…1万2000人ため息

特集:
小嶋陽菜
AKB48
初戦で乃木坂46兼任の生駒里奈(左)に勝ち、両手を広げて笑顔の小嶋陽菜。自慢のおっぱいに指一本ふれさせなかった(中央はレフェリーのイジリー岡田)=東京・日本武道館(撮影・塩浦孝明)

初戦で乃木坂46兼任の生駒里奈(左)に勝ち、両手を広げて笑顔の小嶋陽菜。自慢のおっぱいに指一本ふれさせなかった(中央はレフェリーのイジリー岡田)=東京・日本武道館(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 AKB48第5回じゃんけん大会(17日、日本武道館=観衆1万2000人)AKB48グループのメンバーがソロデビューを賭けて争う「第5回じゃんけん大会」が17日、東京・日本武道館で行われ、過去最多112人が火花を散らした。昨年までAKBのシングル曲のセンターポジションを決めたが、今年はソロデビュー権を与える新ルールで開催。初参加した乃木坂46兼任の生駒里奈(18)は小嶋陽菜(26)と激突。生駒は大会前に「スキあらば、おっぱいを触りたい」と美乳といわれるこじはるのバストタッチを宣言し、“おっぱい攻防戦”を1万2000人が固唾をのんで見守った。

【続きを読む】