2014.9.8 05:00

TAO、再来年公開「Batman~」での熱演を誓う

2016年公開の米映画「Batman v Superman:Dawn of Justice」に出演するモデルのTAO=東京・神宮前

2016年公開の米映画「Batman v Superman:Dawn of Justice」に出演するモデルのTAO=東京・神宮前【拡大】

 米ニューヨークを拠点に活動するモデル、TAO(29)が2016年公開のハリウッド映画「Batman v Superman:Dawn of Justice」(ザック・スナイダー監督)に出演することになり、サンケイスポーツの取材に意欲を語った。

 1メートル77の長身とオリエンタルな雰囲気で、ラルフ・ローレンのファッションショーに出演するなど世界的に活躍。昨年公開のハリウッド映画「ウルヴァリン:SAMURAI」で女優デビューを飾っている。

 5月から米ミシガン州で「Batman-」の撮影がスタート。「演技に関しては日々勉強中ですが、枠にはまらないボーダーレスな表現者を目指したい」と目標を掲げ、「日本でも公開されると思うので、私の成長した姿を見てほしい」と熱演を誓った。

 現在、東京・神宮前のAudi Forum Tokyoでデビュー15周年の記念写真展を開催している。

(紙面から)