2014.9.7 05:02

ジョニー大倉、再入院していた!ケンイチ大倉「髪の毛も抜け…」

ジョニー大倉の再入院を報告した長男の歌手、ケンイチ大倉=東京・銀座

ジョニー大倉の再入院を報告した長男の歌手、ケンイチ大倉=東京・銀座【拡大】

 昨年6月に肺がんで余命2週間の宣告を受け、闘病生活を続けているロック歌手、ジョニー大倉(62)のバースデーイベントが6日、東京・銀座タクトで行われた。

 開演に先立ち、長男の歌手、ケンイチ大倉(41)が会見し、当初はジョニーもステージに立つ予定だったが、7月末に病状が悪化し、8月6日に再入院したことを発表した。

 現在、抗がん剤治療を受けているといい、「ベッドに寝た状態で髪の毛も抜けている。動くと呼吸が苦しくなるので、酸素ボンベや車いすを使っています。退院は今年いっぱいは難しいかな」と説明した。昨年6月に見つかった15個の腫瘍は2個にまで減り、転移もないが、その2個が少し大きくなったため再入院したという。

 ライブ前には、ジョニーの最新映像を約12分にわたって公開。3日の62歳の誕生日に同所で行ったバースデーパーティーの模様が映し出され、ジョニーは車いすに乗って酸素吸入を必要とする状態だったが、ケーキをほおばる元気な姿を披露。

 しっかりとした声で「また、すごいライブを皆さんにお届けしますので少々お待ちください。もうちょっと頑張ります。ありがとう」と復帰を約束した。

 ステージではケンイチと次男の歌手、大倉弘也(35)らがジョニーの「ハイティンガール」「愛を下さい!」など28曲を熱唱した。

(紙面から)