2014.8.9 05:04

さしこ負けた!3年連続じゃんけん大会予備戦敗退「悔しい」

特集:
HKT48
今年もじゃんけん大会予備戦で敗退したHKT48の指原莉乃(右)。相手は植木南央、審判はパンサーの菅良太郎

今年もじゃんけん大会予備戦で敗退したHKT48の指原莉乃(右)。相手は植木南央、審判はパンサーの菅良太郎【拡大】

 AKB48の各姉妹グループが8日、千葉・幕張メッセで「AKB48第5回じゃんけん大会」(9月17日開催)の予備戦を行い、HKT48の指原莉乃(21)は敗退して同大会進出を逃した。

 じゃんけん大会にはAKB正規メンバー(兼任者含む)は自動的に参加できるが、姉妹グループメンバーとAKB研究生は予備戦突破が必須。指原はAKBからHKTに移籍した2012年から3年連続で予備戦敗退となり、「負けちゃいましたよ。悔しい!」と苦い表情。6月の選抜総選挙では連覇を逃しただけに、「最近負け続きだから!」と自虐的だった。

 この日、18歳になった松岡菜摘はHKT予備戦を突破。「去年の誕生日にさっしーがくれた勝負下着をはいたから勝てました」と指原の“御利益”に感謝していた。

 SKE48は松井玲奈(23)、須田亜香里(22)、宮澤佐江(23)の人気メンバーが次々と敗退し、8人が進出。NMB48は渡辺美優紀(20)ら7人、HKTは5人、4月に発足のチーム8は3人、AKB研究生では1人が大会出場権を手にした。

AKB48第5回じゃんけん大会

 9月17日に日本武道館で開催。昨年までは優勝者にシングルのセンターポジションを与えるルールだったが、今年はソロデビュー権をめぐって争う。第1回(2010年)の内田眞由美(20)以降、篠田麻里子(卒業=28)、島崎遥香(20)、松井珠理奈(17)が優勝した。

(紙面から)