2014.7.19 05:04

さしこ「一番似合うのは…、私かな?」 東京モノレール新型車両に興奮しきり

特集:
HKT48
新型車両をバックに「出発進行!!」と合図を送るHKT48の左から森保まどか、兒玉遥、指原莉乃、松岡菜摘、羽田空港第1ビル駅の小林高志駅長 =東京・羽田空港(撮影・高橋朋彦)

新型車両をバックに「出発進行!!」と合図を送るHKT48の左から森保まどか、兒玉遥、指原莉乃、松岡菜摘、羽田空港第1ビル駅の小林高志駅長 =東京・羽田空港(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 アイドルグループ、HKT48の指原莉乃(21)が18日、東京・大田区の東京モノレール羽田空港第2ビル駅内で行われた新型車両「10000形」出発式に一日駅長として出席、「滝行」の場所を急募した。

 6月の第6回AKB48選抜総選挙で2連覇を逃した際の公約として、「滝行」をあげていた。「毎回『滝スケジュール』が仮で入れられている。早めにしたい」と実行を明言するも、「まだいい場所が見つからなくて、急募しています」と苦笑。「修行に向いている、いい滝のある場所を教えてほしい。ツイッターで(滝情報を)送ってください。お気に入りに入れておきます」と必死に呼びかけた。

 式典にはHKTの兒玉遥(17)、森保まどか(16)、松岡菜摘(17)とともに登場。4人で声をそろえて「出発進行!!」と合図を送り、17年ぶりとなる新型車両は運行を開始。

 駅長の白い制服に身を包んだ指原は「身が、気が引き締まります。一番似合うのは…、私かな?」と笑顔を見せ、「自分の合図であんな大きな乗り物が、ガーッと動くのにドキドキしました。成功してよかった」と興奮しきりだった。

(紙面から)