2014.7.11 16:17(1/5ページ)

【インタビュー】VIXXが日本デビュー!「日本でもっとたくさん活動をしたい」

特集:
インタビュー
日本デビューを果たした韓国の6人組人気男性グループ、VIXX(C)2014 Jellyfish Entertainment

日本デビューを果たした韓国の6人組人気男性グループ、VIXX(C)2014 Jellyfish Entertainment【拡大】

 韓国の6人組ボーイズグループ、VIXX(ヴィックス)が、7月2日にアルバム「DARKEST ANGELS」をリリースし、待望の日本デビューを果たした。韓国で2012年にデビューし、翌13年1月に発表した「傷つく準備ができてる」でヴァンパイアに扮した斬新なパフォーマンスを見せ、人気が爆発。その後もノワール系の世界観をもつ楽曲を続けてリリースし、「呪いの人形」「奇跡(Eternity)」で、音楽番組の1位を獲得。激しい競争が繰り広げられている男性グループの中でも、独特の存在感のあるグループとして注目されている。7月5日に神戸、同6日に東京でリリース記念のハイタッチ会を行い、のべ約1万人のファンと触れ合ったVIXX。取材は東京でのイベントの翌日に行われ、いきいきとした表情で日本デビューの喜びを語ってくれた。(エンとホンビンはスケジュールの都合で欠席)

 ――日本デビューおめでとうございます。これまで何度か来日し、イベントなどを行ってきたみなさんですが、大規模なハイタッチ会は初めてだったかと思います。まずはその感想を教えてください

 ラビ「これまでは、たくさんの日本のファンが応援しに韓国まで来てくれていていたのですが、今回は僕らが会いに行くことで、みなさんと近くで触れ合う事ができてうれしかったです」

 ――他の国のファンにはない、日本のファンならではの特徴を何か感じましたか?

 ケン「いろんな年齢層の方がいらしてくれたのが印象的でした。お子さんを連れた方もいらっしゃいましたし。あと、恥ずかしがり屋の方も多かった印象です(笑)。でもみなさん、ハイタッチする瞬間はパッと弾けるような笑顔を見せてくれて、僕らも幸せな気持ちになりました」

 ――コスプレしたファンの方もいましたね。レオさんそっくりの方も見かけましたが

 レオ「髪の毛を僕みたいに金髪にしている方がいましたね。ほかにも、いろんな方たちが会いに来てくれて、本当にうれしかったです」

 ――みなさんの手がとてもいい香りだったというコメントを、SNSなどで多数見たのですが、コロンなどを付けていたんでしょうか?

 ヒョギ「いいえ、僕らは特に何もしていません。日本のファンの方がいい香りで、それが僕らの手に移ったんだと思います(笑)」

 ――東京のイベントは炎天下の中で大変だったと思いますが、終わったあとは何をしましたか?

 ラビ「日本で初めてラーメンを食べました。あとは焼きそばに…」

 一同「から揚げ!」

 ラビ「それからドラマの撮影のため先に韓国に戻るふたり(エンとホンビン)を見送って、ホテルで休みました」

【続きを読む】