2014.7.3 11:23(1/3ページ)

感ジョーあらわ!NMB48・城恵理子、号泣“ソロ”デビュー

特集:
NMB48
「消せない約束」のジャケットで大粒の涙を流す城恵理子

「消せない約束」のジャケットで大粒の涙を流す城恵理子【拡大】

 NMB48の城恵理子(15)が、“今一番泣ける歌手”と呼ばれるfumika(24)の新シングル「消せない約束」(8月6日発売)の初回盤ジャケットに起用されていることが2日、分かった。城の泣き顔のドアップが登場。関西テレビ系昼ドラ「碧の海」(月~金曜後1・30)の主題歌で、城が同ドラマに主演している縁で実現。城は起用を喜ぶとともに、女優業への意気込みを語った。

 笑顔がトレードマークの城が、泣き顔でCDジャケットを飾る。

 「最初に話を聞いたときは、まさか『私!?』ってなりました。曲調が大好きです。ドラマとリンクしていてとても好きになりました」

 城が登場するのは、“泣き歌系”と呼ばれるfumikaの「消せない約束」の初回ワンコイン盤のジャケット。6月30日にスタートした「碧の海」の主題歌で、ドラマ前半で初主演する城に白羽の矢が立った。NMBのメンバーが、他アーティストのジャケットを飾るのは初めて。ミディアムテンポのバラードの“泣き歌”が、笑顔の城を泣かせた格好だ。

 今回の企画は、同曲が収録現場でもスタッフや出演者の話題になり、零れ落ちた涙はそっと風にのせて…という歌詞に合わせてジャケット写真を制作。城の喜びもひとしおだ。

【続きを読む】