2014.6.23 17:46

森公美子、脇役から初の帝劇主演「30年目の奇跡と呼んでます」

シアターBRAVA!「シスター・アクト」PR会見を行った森公美子

シアターBRAVA!「シスター・アクト」PR会見を行った森公美子【拡大】

 歌手で女優の森公美子(54)が23日、大阪市内で主演ミュージカル「シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~」(7月25~29日、シアターBRAVA!)のPR会見を行った。

 米女優ウーピー・ゴールドバーグ(58)主演の映画「天使にラブ・ソングを…」を日本で初めて舞台化。今月1日から東京・帝国劇場で上演中だが、口コミで大阪のチケットもすでに完売の日があるという。

 「30年前、脇役で『屋根の上のヴァイオリン弾き』に出てた帝劇で初の主演。“30年目の奇跡”と呼んでます」

 元宝塚歌劇団トップの瀬奈じゅん(40)とWキャスト。「瀬奈さんは手足が長い。私は短くてコロコロ。別物です。最後は客席も歌えて大阪にピッタリ」と豊満な胸を張った。