2014.6.12 12:00(1/2ページ)

大大大クイーン!? 片平なぎさの女医シリーズ3

軽妙なやりとりを展開する主演の片平なぎさと小池徹平(右)、大友康平

軽妙なやりとりを展開する主演の片平なぎさと小池徹平(右)、大友康平【拡大】

 女優の片平なぎさ(54)主演の女医シリーズ第3弾、金曜プレステージ「女医・倉石祥子 ~死の最終診断~」が、フジテレビ系で13日午後9時から放送される。

 「赤い霊柩車シリーズ」など“2時間ドラマの女王”として知られる片平だが、同シリーズではサバサバした男っぽい女医を演じる。コンビを組むのは、小池徹平(28)。小池は癒し系看護師、蒲田駿役。強力タッグで病院内での不可解な事件を解決していく。

 そして、もう一人。学生時代の友人で妻に先立たれた准教授、赤井和義役の大友康平。祥子とちょっといい感じだ。そんな3人が勤務する関東医科大学病院内で事件は発生する。

 片平は「年2回くらいやりたい」というほどこの作品が大好き。今回の宮城ロケも満喫したようだが、主人公とダブる“ブレない”姿勢に共演の2人も尊敬のまなざしを送る。

【続きを読む】