2014.6.11 05:03

山本美月、80’sファッションで新ドラマ「アオイホノオ」

1メートル67、B77W59H85のスレンダーボディーとボリューム満点のヘアスタイルで80年代風ファッションに挑戦する山本美月 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会

1メートル67、B77W59H85のスレンダーボディーとボリューム満点のヘアスタイルで80年代風ファッションに挑戦する山本美月 原作/島本和彦「アオイホノオ」(小学館「ゲッサン」連載中)(C)島本和彦・小学館/「アオイホノオ」製作委員会【拡大】

 人気モデルで女優、山本美月(22)が7月18日スタートのテレビ東京系「アオイホノオ」(金曜深夜0・12)でヒロイン役に初挑戦することが10日、分かった。

 同作は俳優、柳楽優弥(24)の地上波連ドラ初主演作。「逆境ナイン」などで知られる漫画家、島本和彦氏(53)の同名コミックが原作で、漫画家を目指す大学生、焔(ほのお=柳楽)をめぐるコメディータッチの青春物語。

 美月は、焔が思いを寄せる森永とんこ役。焔が所属するバドミントン部の先輩マネジャーで、スレンダーボディーが魅力の美女だが、眼鏡嫌いの近眼のため、人と会話する際の距離が異様に近く、男を“カン違い”させる役どころ。

 舞台は1980年代の大阪で、美月は当時流行したボリュームのあるヘアスタイルとスリムジーンズ姿を披露。福岡県出身だが、劇中では大阪弁にも初挑戦しており、「とても難しく苦戦していますが、楽しく学べたらと思います」と充実感を漂わせた。ほかに黒島結菜(17)、浦井健治(32)らが出演する。

(紙面から)