2014.6.10 14:02

60歳の石田純一、体内年齢はナント39歳! 理子は40歳

体内年齢測定で妻の東尾理子に圧倒的な勝利し、破顔一笑する石田純一=東京・豊島区

体内年齢測定で妻の東尾理子に圧倒的な勝利し、破顔一笑する石田純一=東京・豊島区【拡大】

 俳優、石田純一(60)とプロゴルファー、東尾理子(38)夫妻が10日、都内で行われた体内年齢を測るイベントに参加し、対照的な結果となった。

 体内の過剰な糖分などが素になる老化物質の量を計る器具で、皮膚にあてて1分ほどで測定。その結果、石田の体内年齢は実年齢より21歳若い39歳、理子は逆に2歳上の40歳と出た。

 この結果に、石田は満面の笑み。毎朝、二日酔いでも寝不足でも、雨の日も雪の日も半袖でランニングをするなど運動を欠かさないほか、「毎日、旬の野菜の絞りたてジュースを飲んでいます」と見た目だけではない体内の若さのこつを明かした。

 一方の理子は「職業柄、紫外線を受け過ぎるみたい」とポツリ。子育て真っ最中とあって、やや疲れ気味でもあるようだが、会場からは「理子ちゃん、かわいい!」と中年女性から次々と声援が飛び、笑顔で気を取り直していた。

 腎臓結石の内視鏡手術を受けたばかりの石田だが「病気じゃないし、単なる警告でしょう」と涼しい顔。12日からプライベートでサッカーW杯の開催されるブラジルへ発つ。日本代表の第1戦コートジボワール、第2戦ギリシャなどを観戦する。

 「第1戦は2対2の引き分けか3対2、第2戦は1対0、第3戦は3対0で勝つ」とサッカー通らしく断言。「ベスト8入りを見たい」と熱く語っていた。