2014.6.9 19:52

市原隼人、初監督作が国際短編映画祭で話題賞「これを糧に多くの作品を」

国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2014」のレッドカーペットイベントに参加した市原隼人=東京・神南

国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2014」のレッドカーペットイベントに参加した市原隼人=東京・神南【拡大】

 俳優、市原隼人(27)が9日、東京・渋谷AiiA Theater Tokyoで開催された、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2014」(15日まで)の授賞式に参加した。

 初監督を務めた主演映画「Butterfly」で話題賞を獲得し、「たくさん課題が見つかったし、たくさん課題も残りました。これを糧に、多くの作品を作っていきたい」とあいさつ。今後の作品創りへの意欲を語った。

 サンスポ報道で交際中のモデル、向山志穂(28)との年内結婚が明らかになったが、この件に関して発言はなかった。

 なお、授賞式のグランプリにはインドネシア映画「ホールインワンを言わない女」が受賞した。同作は2015年2月に開催される米アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象作品となった。