2014.6.8 05:05

7万人がどよめいた!さしこ、2位で史上初の連覇ならず「悔しい」

特集:
HKT48
史上初の連覇を阻止され、悔しそうな表情を見せる指原莉乃。来年の返り咲きを誓った (撮影・大西正純)

史上初の連覇を阻止され、悔しそうな表情を見せる指原莉乃。来年の返り咲きを誓った (撮影・大西正純)【拡大】

 第6回AKB選抜総選挙開票(7日、東京・味の素スタジアム)昨年1位だったHKT48の指原莉乃(21)は2位。史上初の連覇はならなかった。速報は2位に約1万2000票の大差をつけてのロケットスタート。大本命のまさかの失速に、7万人がどよめいた。

 「すごくすごく悔しいです。まだ誰が1位になるのか分かんないけど、これでも1位のプレッシャーを経験している。そのメンバーを全力で支えたいと思います」と敗戦の弁。自身を破った1位の渡辺をたたえた。

 世間をあっと言わせた大勝利から1年。センター曲「恋するフォーチュンクッキー」はダンスが社会現象を起こすほどの大ヒットに。自身もHKT48劇場支配人として九州ツアーのセットリストにアイデアを出し、若手メンバーの個性を次々と見抜いてキャラを発掘するなど、“プロデューサー”としての才能に磨きをかけてきた。

 だが、前田敦子(22)や大島優子(25)も成し得なかった連覇の壁は厚かった。1位公約に掲げたスクール水着を着てのニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」(水曜深夜1・0)の生放送は夢と消えたが、連覇ならずの公約に掲げた「滝行」はやってくれるに違いない。

選抜総選挙結果へ

(紙面から)