2014.6.5 05:00

W杯まで待てない!?6代目ミスマリンちゃん悩殺サンバ!

サンバのノリで新機種をPRした(左から)ミスマリンちゃんの小柳歩、大浦育子、セルジオ越後氏、B.B.クィーンズの坪倉唯子、近藤房之助、ミスマリンちゃんの美月=東京・丸の内の東京国際フォーラム

サンバのノリで新機種をPRした(左から)ミスマリンちゃんの小柳歩、大浦育子、セルジオ越後氏、B.B.クィーンズの坪倉唯子、近藤房之助、ミスマリンちゃんの美月=東京・丸の内の東京国際フォーラム【拡大】

 大手パチンコメーカー、三洋物産のイメージガール、6代目ミスマリンちゃんの3人が4日、都内で行われた同社のパチンコ新機種「CRギンギラパラダイス 情熱カーニバル」の発表会に登場、サンバを踊って報道陣を悩殺した。

 同機は、サッカーW杯の開催国、ブラジルのカーニバルを演出に取り入れるなど話題性満点。マリンちゃんたちは露出度120%の衣装で現れた。メンバーで最も踊りが苦手という小柳歩(22)は「(大当たり中に)サンバを踊るシーンがあるんですけど、ステップが難しくて(収録中に)悔しくて泣きました」と苦難のエピソードを披露した。

 この日は、同機の収録曲「ギンギラパラダイス」を歌うB.B.クィーンズが同曲を披露したほか、サッカー解説者のセルジオ越後氏(68)もゲスト出演し、サンバダンサーらと踊って盛り上げた。ホールへの導入は8月中旬を予定。

(紙面から)