2014.5.26 05:07(3/4ページ)

AKB川栄&入山、握手会で切られた…骨折や裂傷などで緊急手術

特集:
AKB48
握手会が行われた岩手産業文化センターアピオ。のどかな会場にパトカーや救急車が次々と到着するなど、騒然となった =岩手・滝沢市(読者提供)

握手会が行われた岩手産業文化センターアピオ。のどかな会場にパトカーや救急車が次々と到着するなど、騒然となった =岩手・滝沢市(読者提供)【拡大】

 梅田容疑者は、かけつけた盛岡西署員に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。不測の事態に会場は騒然となり、握手会は午後9時まで予定していたが、事件直後に急きょ中止となった。同容疑者は自宅がある青森・十和田市から会場入りし、同1時からファンの列に並んでいた。取り調べで「自分が切りつけたのは事実」と容疑を認めている。同署では動機などについて調べている。

 川栄は昨年おバカキャラでブレークし、バラエティーで活躍。入山は目鼻立ちが整った美少女で才女としても知られ、ともに一昨年5月発売の「真夏のSounds good!」で初選抜入りして以来、選抜メンバーの常連だった。

 47人のメンバーが出席したこの日は午後1時からミニライブを行った後、握手会を開始。10カ所にテント型のブースが設けられ、ほぼ中央のブースで川栄を先頭に入山、大島涼花(15)、倉持明日香(24)、高城亜樹(22)の順で握手会を行っていた。

 会場に居合わせたファンのツイッターには「川栄が尋常じゃないくらいの血を流しているのを見ました」「救急車で誰か運ばれていった」「メンバーの悲鳴」などの生々しい書き込みがされた。

 握手会はCD購入者を対象に開催。主催のキングレコードによると、この日は警備員と会場整理スタッフの約100人が会場の警備にあたった。握手前にファンが両手を広げ、係員がチェックする通常通りの体制を取っていたが、手荷物検査は行われていなかった。

【続きを読む】