2014.5.22 05:04

P・マッカートニー、都内で入院…28日韓国公演も中止

ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニー【拡大】

 ウイルス性炎症により日本公演をすべてキャンセルした元ビートルズのポール・マッカートニー(71)が、都内の病院に入院していることが21日、分かった。

 関係者の話を総合すると、来日した翌日の16日からウイルス性炎症による下痢と嘔吐(おうと)の症状に苦しんでいるポールは都内ホテルで静養していたが、前日20日に精密検査を受けた病院に、大事をとって入院したという。詳しい診断結果や退院の時期などは明かされてないが、手術の可能性があるとの情報もある。

 さらに、この日になって今月28日の韓国公演の中止も発表された。今後、米国で現地時間6月14日から2カ月間、19都市19公演も予定されている。現時点で米公演に関する発表はないが、「日程が空いているし、そのころまでには回復するのではないか」と関係者の1人は話している。

 今月15日の来日時は元気な笑顔を振りまいていたが、16日に体調不良を訴え、国立競技場や日本武道館など全4公演の中止を立て続けに発表。当初は26日に離日し、チャーター機で次の公演国の韓国に向かう予定だったが、これも白紙に。病院で付き添っている夫人のナンシーさん(53)はポールの回復を待って英ロンドンに戻りたい意向だという。

(紙面から)