2014.5.21 17:38

金爆「女々しくて」が金賞受賞 JASRAC賞

特集:
ゴールデンボンバー
JASRACの金賞を受賞し、贈呈式に出席したゴールデンボンバーのボーカル、鬼龍院翔=東京・渋谷区

JASRACの金賞を受賞し、贈呈式に出席したゴールデンボンバーのボーカル、鬼龍院翔=東京・渋谷区【拡大】

 JASRAC(日本音楽著作権協会)は21日、前年度の著作権使用料の配分が多かった楽曲を表彰する「2014年 JASRAC賞」を都内で発表。金賞は4人組エアバンド、ゴールデンボンバーの「女々しくて」が受賞し、ボーカルの鬼龍院翔(29)が贈呈式に出席した。

 同曲は鬼龍院が作詞作曲し、2009年10月に発売。12年までは100位圏外だったが、同年のNHK紅白歌合戦での歌唱を機に大ブレークした。覚えやすいメロディーとユニークな振り付けで、カラオケで歌われる機会が激増。昨年は38位に急上昇し、現在でも人気は衰えずに今年の金賞につながった。

 壇上で鬼龍院は「こんな賞をいただけるとは…。これで鬼龍院は(印税の)金を持っている、というのが浸透していく。これからの人生で、どんな悪い人が寄ってくるのか胸が熱くなります」と笑わせた。カラオケでの人気については「多くの人に浸透しているのはうれしい。これからどんどん下がっていくのを温かく見守っていきます」とおどけた。

 銀賞はAKB48の「ヘビーローテーション」、銅賞はEvery Little Thingの「Time goes by」が選ばれた。また外国作品の分配額1位は、現在、来日中だが体調不良で全公演が中止となったポール・マッカートニー(71)が所属していたビートルズの「HEY JUDE」だった。