2014.5.17 15:28

橋本甜歌、初フルヌード「公開できないようにしたいと思った」

映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」の初日舞台あいさつに登壇した左から橋本甜歌、繭=東京・西池袋

映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」の初日舞台あいさつに登壇した左から橋本甜歌、繭=東京・西池袋【拡大】

 タレント、橋本甜歌(てんか=20)が17日、東京・池袋シネマロサで行われた初主演映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(青山裕企・伊基公袁監督)の初日舞台あいさつに共演者の繭(23)らと登壇した。

 同名コミックの映画化で、義理の兄妹と幽霊が繰り広げるラブコメディー。橋本は、幽霊(繭)に取りつかれ、エッチになる女子高生、美月を演じた。フルヌードに初挑戦しており、「公開して自分の裸を見られるの恥ずかしいと思って、どうにかして公開できないようにしたいと思った」などと笑顔で振り返った。