2014.5.8 20:20

ジャニーズWEST重岡、憧れの忍者役に「テンションあがった」

 先月23日にCDデビューした関西ジャニーズJr.出身の7人組、ジャニーズWESTの重岡大毅(21)、小瀧望(17)が8日、東京・丸の内ピカデリーでW主演映画「忍ジャニ参上!未来への戦い」(6月7日公開、井上昌典監督)の試写会イベントに参加した。

 彼らを筆頭に、WESTの神山智洋(20)、関西Jr.の平野紫耀(17)、向井康二(19)の5人が物語の中心となり、駆け出しの忍者として夢を追いかけ、奮闘する姿が描かれている。

 観客は映画の公式サイトなどで募集し、8万8000通の応募から当選した550人が来場。重岡やWESTの桐山照史(24)、中間淳太(26)らが大歓声のなか、客席間の通路を練り歩いて登場した。

 重岡は「忍者の衣装も本格的で、テンション上がりました。男は一度は忍者に憧れますから」と撮影を振り返った。

 小瀧は忍者でありながらも料理人という役設定だったため、「撮影前に本当の料理人の方に大根のかつらむきとか、料理の盛りつけとか習いました」と入念な役作りで初主演映画に臨んでいたことを明かした。