2014.5.4 05:05(2/3ページ)

桐谷美玲、新米記者でNHKドラマ初主演!介護の現状に向き合う

NHK初主演で初の新聞記者を演じる桐谷美玲。ハマリ役と言えそうだ(「終の棲家」の1シーンから)

NHK初主演で初の新聞記者を演じる桐谷美玲。ハマリ役と言えそうだ(「終の棲家」の1シーンから)【拡大】

 キリリとした美しさが光る桐谷。満を持してNHKドラマ初主演だ。

 「終の棲家」(前後編で7月20、27日の午後10時から放送)は、作家、仙川環さんの同名小説が原作。桐谷は都内の新聞社の社会部に所属する新人記者・麻倉智子を演じる。智子は米国の大学でMBA(経営学修士)を取得、数字による表現は得意だが取材対象者の心情をくみ取ることに関心が薄い役どころ。

 しかもプライドだけは高いため、上司から記者失格の烙印(らくいん)を押されそうに。それを払拭しようと、祖父の記憶を基に在宅介護について取材を進めるが、老老介護や家族の重い負担など過酷な現実に打ちのめされる。そんな折、介護される高齢者が次々と謎の死を遂げ意外な展開に。智子は先輩記者と真相を追っていく…。

 既に撮影を終えた桐谷は、「介護の現状って知らないことだらけで、こんなにも課題が山積みなんだと改めて実感しました」としみじみ。日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」で火曜キャスターを務めていることも役立っているようで、「テレビの取材経験を生かし、話し方をお年寄りのテンポに合わせたりしました」という。

【続きを読む】