2014.5.1 10:00

テレビ初司会の織田信成、感動ストーリーに号泣

収録でたまらず泣いてしまう織田信成(中央)

収録でたまらず泣いてしまう織田信成(中央)【拡大】

 プロフィギュアスケーターの織田信成(27)がテレビ初司会を務めることで話題の土曜プレミアム「本当にスゴい実話~世界が驚いた史上最強ミラクルストーリー! 今こそ知っておきたい逆転だらけの2時間SP」が、3日午後9時からフジテレビ系で放送される。

 人生の大きな転換を迎えた世界の「ミラクルストーリー」を届ける番組だが、人前でよく泣くことで知られる織田だけに、収録中もやはり涙…。織田の純粋なリアクションと飾らない人柄がにじみ出るコメントは、見る側の共感を誘うことだろう。

 例えば、不幸な境遇にありながら誰のせいにもせず、自ら人生を切り開いた少女のエピソードにグッときた様子の織田は涙をこらえていたものの、同じ司会の中山秀征から「織田君もけがで大変な時期があったよね」と声をかけられると、さまざまな思いが込み上げてきたのか泣き崩れてしまった。

 収録後、織田は初司会について「経験がないので勉強不足の部分が多く、緊張感がフィギュアスケートとは全く違った。中山さんに助けていただきました」とホッとした様子で、「明日から頑張ろうという気持ちになる番組。ぜひ見てください」とアピールした。

 これに対し、中山は「台本をしっかり読み込んでいる姿勢は偉いなと思った。非常に素直な司会ぶりで、やっぱり勘が良い」と評価していた。

 番組では各実話エピソードを、当事者の思いを丁寧に描いたリアリティーあふれるドラマなどで紹介していくが、その吹き替えを人気声優たちが担当するのも大きなみどころ。

 渡辺美佐、中井和哉、置鮎龍太郎ら声優ファンをうならせるキャスティングが実現し、実話を紹介するドラマの人物に息を吹き込んでいく。