2014.4.22 05:04

山口翔悟、一般女性と結婚!「だんだん」「ハンチョウ」など出演

5歳年上の一般女性と結婚していた俳優、山口翔悟

5歳年上の一般女性と結婚していた俳優、山口翔悟【拡大】

 NHK連続テレビ小説「だんだん」などに出演した俳優、山口翔悟(31)が5歳年上の一般女性(36)と結婚していたことが21日、分かった。

 関係者によると、婚姻届はすでに提出済みで、今月19日に沖縄県内のホテルにある教会に両家の親族ら十数人を招いて挙式した。お相手は「アルパカを細くしたような表情」のかわいらしい女性で、共通の知人の紹介で知り合い、約4年の交際を経てゴールインした。

 出世作となった2008~09年の「だんだん」ではヒロインの三倉茉奈(28)と三倉佳奈(28)への恋愛感情に揺れる芸能事務所マネジャーを好演。09~11年のTBS系「ハンチョウ~神南署安積班~」では若手刑事役でレギュラー出演し、熱演をみせた。

 現在はフジテレビ系単発番組枠「金曜プレステージ」(金曜後9・0)のドラマシリーズ「おばさん弁護士 町田珠子」にレギュラー出演中。山口は「まだまだ未熟な僕を後ろからぐっと支えてくれるような女性。役者として人間として、もっと精進していきたい」とコメントしている。

山口翔悟(やまぐち・しょうご)

 1983年2月19日生まれ、愛知県出身。2001年のビデオ作品「ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人」で俳優デビュー。03年には映画「あずみ」に出演し、06年のテレビ東京系「魔弾戦記リュウケンドー」でドラマ初主演。NHK連続テレビ小説「だんだん」でヒロインの相手役として、オーディションで約5000人から選ばれた。1メートル75、血液型O。

(紙面から)