2014.4.18 11:30(1/3ページ)

最強雀士は誰だ? 賞金総額1000万円 全国麻雀選手権開幕!

シグナルトーク代表取締役の栢孝文氏

シグナルトーク代表取締役の栢孝文氏【拡大】

 集え! 最強雀士-。麻雀日本一を決める第2回「全国麻雀選手権」(シグナルトーク主催、産経新聞社など後援)が18日、開幕した。賞金総額は破格の1000万円。優勝賞金は500万円という日本最大の全国大会だ。プロ、アマ問わず参加でき、しかも参加料は無料。腕に覚えのある雀士なら、ザワつかないはずはない。

 大会に参加するには、4月18日~6月30日まで、シグナルトークが運営する「Maru-Jan(マルジャン)」公式サイト(http://www.maru-jan.com/NMC/)から登録。オンラインによる一次予選の東南戦2戦で70ポイント以上を獲得すれば二次予選に進出できる。二次予選もオンラインでの対戦で、東南戦6戦成績と一次予選成績の総合成績上位28人が準決勝に進出。プロは二次予選からの参加で、東南戦16半荘で上位4人が準決勝に進む。

 準決勝は7月20日、都内麻雀店でのリアル対局。参加の32人が席を入れ替えて対局し、成績上位4人が勝ち上がる。

 そして、ファイナルは8月3日、ファイナリスト4人が都内のスタジオで白熱のリアルバトルを繰り広げる。ファイナルの模様はニコニコ生放送でも生中継される。ここで優勝すれば賞金500万円。準優勝200万円、第3位100万円、第4位50万円のほか、第32位まで賞金が出る。さらに、参加者全員に全日本ランクが付与される。

 昨年の第1回大会には4万6351人(一般:4万6093人、プロ:258人)が参加し、大会期間中のアクセス数は2742万858件にも及んだ。今年も4万人以上の参加が想定され、激戦は必至だ。

【続きを読む】