2014.4.18 15:30

【韓国旅客船沈没事故】「ダイバーが船体進入に成功」は誤報?!

 韓国南西部の珍島(チンド)沖で起きた韓国旅客船「セウォル号」沈没事故で、西海(ソヘ)地方海洋警察庁は18日午後零時半ごろ、珍島室内体育館状況室で、「一部メディアからダイバーが食堂に進入したという報道が出ているが、食堂への進入ではなく空気を注入している」と明らかにした。

 これに先駆けて、中央災害安全対策本部(中対本)は、ブリーフィングを通じて「午前10時5分ごろ、食堂まで通路を確保したし、船体進入に成功した。空気注入も進行中」と発表した。これを受けて、聯合ニュースやKBSテレビなど韓国メディアは一斉に「船体進入に成功し、生存者の確認作業を始めている」などと報道した。

 だが、その後、中対本関係者が「当初、3階食堂に進入したとブリーフィングで発表したが、正確に内容を把握してみると、まだ船室内部には進入できていない状況」と訂正していた。