2014.4.15 05:05

高良健吾主演作「悼む人」、ベルリン国際映画祭出品の期待も

 今年のブルーリボン賞主演男優賞に輝いた高良健吾(26)が来年2月公開の映画「悼む人」に主演することが14日、分かった。ロケは福島県を中心に山形県、新潟県などで5月上旬まで続く。リュックひとつで野宿をしながらバスと徒歩で旅する主人公が、現場で右手を頭上にかかげ、死者のために幻想的に祈る場面は見どころ。神康幸プロデューサーは「生と死に向き合う姿を世界の人にも見てほしいし、山並みなど美しい日本の風景も知ってもらえたら」と語る。公開はドイツ・ベルリン国際映画祭が開催される来年2月で、出品への期待も高まる。

(紙面から)