2014.4.5 05:05

松下由樹、蟹江さん遺作で共演「放送前に信じられない」

松下由樹、蟹江さん遺作で共演「放送前に信じられない」

 俳優、蟹江敬三(かにえ・けいぞう、本名同じ)さんが3月30日午前8時27分、胃がんのため東京・新宿区の病院で死去していたことが4日、分かった。遺作になった「おとり捜査官・北見志穂」シリーズで16年共演した女優、松下由樹(45)は「あまりにも突然の訃報に言葉もありません。長くご一緒させていただいていたドラマの放送前に信じられない思いでいます。俳優として尊敬していました。蟹江さんのことが大好きでした」と故人をしのんだ。


テレビ朝日系「京都地検の女」シリーズで共演し、家族ぐるみの付き合いだったという女優、名取裕子(56)の話 「(報道で)訃報を聞いて信じられない思いです。俳優として、人間として、あんな素敵な人はいません。笑顔も声も姿も、心に焼きついています」

(紙面から)