2014.4.2 19:40

二宮和也が初の教師役、へっぽこ野球部の監督務める

特集:
日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます」の制作発表会見に臨んだ左から山崎賢人、福士蒼汰、有村架純、本郷奏多=川崎市多摩区

日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます」の制作発表会見に臨んだ左から山崎賢人、福士蒼汰、有村架純、本郷奏多=川崎市多摩区【拡大】

 嵐の二宮和也(30)が主演する12日スタートの日本テレビ系ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(土曜後9・0、初回20分拡大)の制作発表が2日、川崎市内のスタジオで行われた。

 二宮が初の教師役に挑戦し、弱小高校野球部の監督を務める話題作。会見では生徒役の役者に囲まれ、「みんな年下なので、こんなに『ニノさん』『二宮さん』と呼ばれる現場は初めてです」と、気持ち良さそうに語った。

 会見の司会を高校野球の名門、PL学園の元エースだった同局の上重聡アナウンサー(33)が務めていたことから、二宮が「僕の知り合いがPL学園で投手をしていて、横浜高校に2年連続で負けておりまして…」と切り出すと、上重が「それ、私です」と苦笑しながら名乗り出て、会場を和ませた。

 会見後には取材陣も参加し、初勝利に沸く歓喜のシャンパンならぬ“ウオーターファイト”シーンの撮影も行われた。400本のペットボトルを部員らと掛け合った二宮は「貴重な体験ができました」とびしょ濡れの笑顔をみせた。

 3月下旬には東京ドームを訪れ、巨人の原辰徳監督(55)からノックを教わったそうで、「そのシーンはしくじれないですね。監督からも『ドラマ絶対に見るから』といわれています」と、原直伝のノック姿も披露する予定だ。共演は福士蒼汰(20)、有村架純(21)、Hey!Say!JUMPの中島裕翔(20)ら。