2014.3.31 12:12(3/3ページ)

岡田准一、100万人突破しなければ解任!「ひらかたパーク」園長に

◆“園長パーカー”も

 「超ひらパー兄さん」に就任した前年度、岡田はCMで、胸元に「枚方」とロゴの入ったパーカーを着用。ファンの希望に応えて12月30日から一般発売(子供用3675円、大人用3990円)したところ、約800枚が飛ぶように売れて約300万円を稼ぎ出した。「新しいCMで岡田さんが着用されている“園長パーカー”もリクエストがあれば」とひらパー。商品化は必至だ。

◆岡田の“前任者”小杉

 ブラックマヨネーズ、小杉竜一は09年4月に「ひらパー兄さん」に就任。斬新なCMで人気を集めた。10年には関西テレビ系「人志松本の○○な話」で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとの「二股疑惑」を相方の吉田敬(40)に暴露され、吉田と2代目兄さんの座をかけて投票。小杉11万7567票、吉田7万76票で再選された。しかし13年4月、地元・枚方市出身の岡田が「超ひらパー兄さん」として登場したため引退。在任4年間の広告効果は約30億円ともいわれる。

岡田准一(おかだ・じゅんいち)

 1980(昭和55)年11月18日、大阪府枚方市出身。堀越高卒。95年、V6の一員として「MUSIC FOR THE PEOPLE」で14歳でデビュー。97年、読売テレビ系「D×D」でドラマ初主演。「木更津キャッツアイ」「SP」シリーズや「永遠の0」など映画、ドラマで大活躍。06年、主演映画「花よりもなほ」の演技で石原裕次郎新人賞受賞。今年「軍師官兵衛」でNHK大河ドラマ初主演。

ひらかたパーク(大阪府枚方市)

 京阪電鉄の子会社「京阪レジャーサービス」が運営する遊園地。最寄り駅は京阪本線・枚方公園駅。戦前からの歴史を誇り、関西で遊園地の閉鎖が相次ぐ中、1996年に80億円をかけリニューアル。「ひらパー」の愛称でイメージを一新し、斬新なCMやギネス挑戦イベントなどで話題を提供、年間100万人近い入園者数を保っている。

(紙面から)