2014.3.29 05:03

特効もなし!花道もなし!テゴマス、歌で勝負の全国ツアー

 NEWSの手越祐也(26)と増田貴久(27)のユニット、テゴマスが28日、2年4カ月ぶりの全国ツアーの首都圏公演を横浜アリーナで行った。

 ジャニーズ事務所の中でも歌唱力抜群のデュオとあって、手越が「極力、演出は削って音楽で勝負」といえば、増田も「会場の一人一人にテゴマスの音楽を届けたい」と気合十分。ジャニーズでは珍しく、炎や水を使用した派手な特効や花道もないシンプルな演出で、声で魅せることにこだわった。

 最新アルバム「テゴマスの青春」の収録曲を中心に22曲を熱唱。「青いベンチ」ではマイクを使用せず、生声を届けた。終盤では「後ろの人の近くに行きたい」(増田)と、客席後方の照明器具が取り付けられた骨組みの上に乗って歌唱し、1万5000人を余すことなく歓喜させた。

(紙面から)