2014.3.26 11:30

韓国女優シム・ウンギョン感激!沖縄国際映画祭で主演作が受賞

沖縄国際映画祭で舞台あいさつを行ったシム・ウンギョン(左)とファン・ドンヒョク監督

沖縄国際映画祭で舞台あいさつを行ったシム・ウンギョン(左)とファン・ドンヒョク監督【拡大】

 韓国で860万人以上を動員する大ヒットを記録した映画「怪しい彼女」(今夏日本公開)に主演した女優、シム・ウンギョン(19)とファン・ドンヒョク監督が3月22日に沖縄国際映画祭に参加するため来日した。

 ウンギョンは「サニー 永遠の仲間たち」「王になった男」など数々の大ヒット映画で主人公の子供時代を演じた国民的子役女優で、「怪しい彼女」では、容姿は20歳ながら70歳の心を持つ難しい役どころに挑戦した。

 来日当日と24日に監督と一緒に舞台あいさつを行い、ファン審査員と観客によって選ばれる【Peace部門】海人賞グランプリを受賞。「この賞をもらえることは全然予想してませんでした。沖縄映画祭にご招待いただけただけで、ホントにありがたいと思っていたのに、このような大きな賞をいただけてホントにうれしいです」と笑顔を弾けさせた。

 本作は人気K-POPグループ、B1A4のジニョンのスクリーンデビュー作としても話題となった。