2014.3.24 05:03

“イメチェン”田中聖が仕事復帰!レッドカーペットを大トリで闊歩

久々に公の場に登場した田中聖は、ファンのサイン攻勢に笑顔で応じた=沖縄・那覇市

久々に公の場に登場した田中聖は、ファンのサイン攻勢に笑顔で応じた=沖縄・那覇市【拡大】

 元KAT-TUNの田中聖(こうき=28)が23日、第6回沖縄国際映画祭のレッドカーペットに登場。昨年9月末にジャニーズ事務所から専属契約を解除され、同グループを脱退後、初の公の場で、半年ぶりに“仕事復帰”した。

 同映画祭初となる那覇市の国際通りで行われたレッドカーペットを大トリで闊歩。「Laugh部門」に出品された映画「サンブンノイチ」(4月1日公開)の出演俳優として品川ヒロシ監督(41)とともに沿道に集まった5万8000人の観客に手を振り、サイン攻勢にもこたえた。

 久しぶりに「コウキ!」の熱狂的エールを受けた田中は、「声援を受ける機会はあまりないので本当に楽しい。うれしい限りです」と大感激。

 黒のスーツ&メガネ、セミロングのウエーブヘアに“イメチェン”し、品川監督から「ジョニー・デップみたい。映画の聖くんのアクションもすごくカッコいい」と絶賛されると、「品川映画の大ファンだったので、本当に出演できてよかった」と感謝した。

 今後、新事務所に入る予定で田中は「いろいろと、このまま(続けたい)」と芸能活動に意欲的。「俳優業が中心?」との質問には「まだ決めていません。おいおい」と語った。アジアのメディアにも注目され、「ぜひ台湾に呼んでください。タイも大好き!」と応じるなど、グローバルな活動にも前向きだった。

 この日は岡田将生(24)、忽那汐里(21)、鈴木福(9)の俳優陣や吉本芸人ら371人が登場した。

(紙面から)