2014.3.12 05:02

“トヨタ創業者”佐藤浩市、1万4000キロ“完走”!

入魂演技で撮影を乗り切った佐藤浩市(右)。演出の福澤克雄監督とガッチリ握手=静岡・島田市

入魂演技で撮影を乗り切った佐藤浩市(右)。演出の福澤克雄監督とガッチリ握手=静岡・島田市【拡大】

 俳優、佐藤浩市(53)が主演するTBS系2夜連続ドラマ「LEADERS リーダーズ」(22、23日後9・0)が静岡・島田市でクランクアップ。3カ月に及んだ長期撮影を終えた。

 同作はトヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏をモデルにした愛知佐一郎(佐藤)が主人公。国産車の開発に尽力し、後に社長としてアイチ自動車の基盤を作る物語だ。

 最後の撮影は大井川鉄道の新金谷駅で。佐藤は国産車の性能を証明するため1947年に実際に行われた小型車と列車の競走を緊迫感のある表情で見守る場面に臨んだ。

 佐藤は激動の時代に翻弄されながらも仲間を信じて困難に立ち向かう役どころで、「役者というのはどんな役を演じるに当たっても心構えは一緒ですが、今回ほど主役としてのたたずまいを問われることはなかったです」と振り返った。

 同作には香川照之(48)、宮沢りえ(40)、山口智子(49)、橋爪功(72)ら豪華出演陣が集結。撮影は昨年11月中旬から始まり、1月下旬には上海ロケを敢行。愛知・豊田市など約20カ所で行い、総移動距離は約1万4000キロに及んだ。

(紙面から)