2014.3.8 11:54

優子、“モロ肩出し”セクシーに登場 “女優ゆうこ”としての飛躍誓う

プレゼンターの大役を終え、着席する大島優子 =東京・新高輪 (撮影・戸加里真司)

プレゼンターの大役を終え、着席する大島優子 =東京・新高輪 (撮影・戸加里真司)【拡大】

 日本最大の映画賞「第37回日本アカデミー賞」の授賞式が7日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、AKB48の大島優子(25)が、話題賞のプレゼンターとして登場。モロ肩出してセクシーに決めて、華やかに盛り上げた。

 昨年同賞を受賞したことから決定。「私自身、またこのステージに立てるように精進していきます」と“女優ゆうこ”として飛躍することを誓った。「ひまわりと子犬の7日間」での好演が評価されて同賞に輝いたオードリーの若林正恭(35)に賞状を手渡した。

(紙面から)