2014.3.4 05:02

仲里依紗、出産後初の連ドラ出演「ワクワクしています」

 女優、尾野真千子(32)が4月スタートのフジテレビ系「極悪がんぼ」(月曜後9・0)で月9ドラマに初主演することが3日、分かった。「小清水経営コンサルタント」のナンバー2役に椎名桔平、所長役に小林薫、ベテラン所員役に三浦友和のほか、竹内力(50)や板尾創路(50)もおり“濃い”熱演が期待できる。

 尾野演じる神崎の元同僚でニートの役に三浦翔平(25)が月9に初登場。さらに神崎らに依頼人を紹介するスナックのママ役は仲里依紗(24)で、昨年10月に夫で俳優の中尾明慶(25)との間に第1子となる長男を出産後、初の連ドラ出演。「久々にお芝居ができるので、今からワクワクしています」と意気込んでいる。

(紙面から)