2014.3.3 14:12(1/2ページ)

たむけん、寛平マラソンで“肉離れ”も“笑魂”発揮!

ランナーを出迎える(左から)間寛平 たむらけんじ=大阪府淀川河川公園(撮影・高井良治)

ランナーを出迎える(左から)間寛平 たむらけんじ=大阪府淀川河川公園(撮影・高井良治)【拡大】

 タレント、間寛平(64)がホストを務める市民マラソン大会「淀川 寛平マラソン2014」(サンケイスポーツなど主催)が2日、大阪・枚方市の淀川河川公園で行われた。ランナー1万4333人、芸人は167人が参加した。

 寛平を慕う名参謀で、若手の兄貴分、たむらけんじ(40)が総合司会となり、参加芸人167人が一丸となって大会を盛り上げた。“名物”となった芸人総出のフルマラソン最終ランナーお出迎えは、たむけんと寛平の絶妙なコンビネーションで進行。最終の芸人ランナー2人を迎えると、爆笑が起こって盛り上がりは最高潮に達した。

 コースで、沿道で、ステージで、あちこちに芸人が出没し、よしもと流の「お・も・て・な・し」をしていく。その芸人軍団をちゃ~んとまとめ上げたのが、司令塔のたむけんだ。

 「一応7時間の制限時間ですが、最終ランナーがあと1キロの地点まで来てます。待ちましょう」

 ゴール付近に全員集合した芸人軍団に、たむけんと寛平が声を揃えて呼びかけた。10分後、ミルクボーイの内海崇(28)とストライク佐竹(34)がやってくると、内海の相方の駒場孝(28)が裸で駆け寄りお出迎え。内海が、得意の千葉ロッテ・里崎智也捕手(37)のモノマネをしてバットを振って佐竹とともにゴール。その瞬間、爆笑と拍手喝采がわき起こった。

【続きを読む】