2014.2.28 05:02

クミコ、感動届ける「沈黙しないことの大切さ訴えたい」

音楽劇「ピトレスク」の公開稽古が行われ、熱演するクミコ(右)ら

音楽劇「ピトレスク」の公開稽古が行われ、熱演するクミコ(右)ら【拡大】

 歌手、クミコ(59)の出演音楽劇「ピトレスク」(作・演出、小林香)の公開稽古が27日、都内で行われ、主要キャストが顔をそろえた。

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下のフランス・パリを舞台に、歌やダンスを愛する人々がキャバレー復活を目指し、奮闘する感動物語。折しも都内の図書館では、ナチスに迫害されたユダヤ系ドイツ人少女、アンネ・フランクの書いた「アンネの日記」や関連書籍が相次いで破られる事件が起き、注目されている。クミコは「本当にかわいそうな犯罪者と思う。私たちも歌や演技を通じ、沈黙しないことの大切さを訴えたい」と語った。

 3月27日から4月3日まで東京・日比谷シアタークリエで上演。

(紙面から)