2014.2.26 05:03

真中瞳→東風万智子、昼ドラ初主演「ドキドキしています」

フジテレビ系「聖母・聖美物語」で昼ドラ初主演する東風(こち)万智子

フジテレビ系「聖母・聖美物語」で昼ドラ初主演する東風(こち)万智子【拡大】

 2009年に真中瞳から改名した女優、東風(こち)万智子(34)が3月31日スタートのフジテレビ系「聖母・聖美物語」(月~金曜後1・30)で昼ドラ初主演することが25日、分かった。

 改名後、初主演ドラマ。不妊治療の末に授かった子供に病気が見つかり、幼いころに別離した妹(三輪ひとみ=35)にもう1人の子を産ませるヒロイン・柳沢聖美を演じる。

 数奇な運命に翻弄される典型的な昼ドラヒロインと違い、周囲の反感を買ってもわが道を行く人物。11年放送のTBS系「JIN-仁-」や12年のNHK大河ドラマ「平清盛」に出演するなど、女優業に力を入れる東風について、制作の東海テレビの西本淳一プロデューサーは「何色にも染まっていない女優さん。信じる道を突き進む聖美を徹底的に演じてもらいたい」と期待を寄せた。

 すでに撮影に入り、東風は「台本を読んで『この先、どうなるの?』と私もドキドキしています」と胸を躍らせる。共演は原田龍二(43)ら。

(紙面から)