2014.2.17 11:46

EXILEのKEIJI、連ドラ初の“刑事”役 オチ付きで決定

特集:
EXILE
拳銃を手にポーズをキメるKEIJI

拳銃を手にポーズをキメるKEIJI【拡大】

 佐藤健、渡部篤郎が演じる“最悪で最高な親子バディ”を描く刑事ドラマ「ビター・ブラッド」(フジテレビ系で4月スタート、火曜後9・0)の新キャストが17日、同局から発表された。

 強烈な個性を持つ刑事たちがそろった。尾行の達人で“チェイサー”と呼ばれる稲木俊文役に吹越満、結婚願望の強い独身で“バチュラー”と呼ばれる古雅久志役に田中哲司、口臭があり“スカンク”と呼ばれる富樫薫役に皆川猿時、刑事ドラマおたくの情報通、鷹野浩次役にEXILEのKEIJI。“KEIJIが連ドラ初の刑事役”というオチ付きで決定した。そして、個性的な彼らをまとめる班長役、鍵山謙介役で高橋克実が登場する。

 中野利幸プロデューサーは「ニヒルな吹越さん、チャーミングな田中さん、今一番、強烈な役者だと思う皆川さん。ぴったりです。また“刑事役”のKEIJIさん(笑)、厳しさと優しさを内包した高橋さん。個性的なチームの活躍を期待してください」と話している。

 ドラマは雫井脩介原作。2013年度フジテレビヤングシナリオ大賞の大賞と佳作をダブル受賞した小山正太脚本。佐藤演じる新人刑事の“ジュニア”こと佐原夏輝と、渡部演じる夏輝の父の“ジェントル”こと島尾明村が所属する銀座警察署刑事一課が舞台。次々と発生する難事件をどのようなチームワークで解決していくのだろう。