2014.2.13 19:02(1/3ページ)

【雪組】壮一帆が退団会見 残る日々「燃え尽きたい」

「燃え尽きる時期はここだろうと思って退団を決めました」と話す壮一帆=大阪市(撮影・大塚聡彦)

「燃え尽きる時期はここだろうと思って退団を決めました」と話す壮一帆=大阪市(撮影・大塚聡彦)【拡大】

8月31日付で退団することを発表した宝塚歌劇団の雪組トップスター、壮一帆(そう・かずほ)が13日、大阪市内のホテルで会見し、心境を語った。

 会見ではまず、小林公一・歌劇団理事長が「彼女はこれまで何度も組替えするなどさまざまな経験を積み、トップになってからはそれが生きて、スター性や人間性が開花した。とても貢献度の高いトップになってくれました。最後の日まで輝いていけるようサポートしたい」とあいさつした。

【続きを読む】