2014.2.13 15:22(1/2ページ)

“泉ピン子の孫娘”加奈子は現役中学生 葵わかな、「天誅」で奮闘中

難役に挑戦中の葵わかな

難役に挑戦中の葵わかな【拡大】

 女優でガールズユニット「乙女新党」のメンバーでもある葵わかな(15)が、放送中のフジテレビ系「天誅~闇の仕置人~」(金曜後7・57)で初めて連続ドラマにレギュラー出演している。

 戦国時代からタイムスリップしてきた女忍者、サナ(小野ゆり子)によって悪が裁かれる勧善懲悪の物語。そのサナと契約を交わし、仕置人をまとめるのが村田正子(泉ピン子)で、葵は正子の孫娘、加奈子を演じている。事故で右足が不自由になり、家では明るく振る舞うが、学校では友達もなく必死に孤独と戦っている中学生。14日放送の第4話では、加奈子の内面がクローズアップされる。

 「リストカットしていたことなどいろいろな背景が出てくる。多分、足が不自由になった後は苦しかったと思う。自分ならどうするか、加奈子の気持ちになって考えた4話でした」

 衣装合わせのときに、監督から「足が不自由な加奈子の気持ちを勉強しておいてね」と言われた。読書が趣味の葵は、以前から大切にしている重松清さんの『きみの友だち』を参考にしたという。

【続きを読む】