2014.2.9 05:02

史上初の快挙!松田龍平、主演男優賞「やってやったぞ」

「第87回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に出席した主演男優賞の松田龍平と主演女優賞の真木よう子

「第87回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に出席した主演男優賞の松田龍平と主演女優賞の真木よう子【拡大】

 「第87回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が8日、東京・銀座ブロッサムで行われ、俳優の松田龍平(30)が主演男優賞を受賞した。

 松田は「舟を編む」(石井裕也監督)で辞書編集者を好演。2000年度(第74回)に映画「御法度」(大島渚監督)で同賞の新人賞を受賞しているが、その後に主演賞に輝くのは87回の歴史で初めて。ジンクスを破った感想を司会者から求められると、「やってやったぞ」と照れ笑い。

 日本映画作品賞は「ペコロスの母に会いに行く」(森崎東監督)、主演女優賞は真木ようこ(31)、助演女優賞は田中裕子(58)、助演男優賞はリリー・フランキー(50)、新人賞は吉岡竜輝(13)がそれぞれ受賞した。

(紙面から)