2014.1.27 05:00

オードリー若林、「日本アカデミー賞」中間発表で1位

オードリーの若林正範

オードリーの若林正範【拡大】

 お笑いコンビ、オードリーの若林正恭(35)が26日、ニッポン放送「オールナイトニッポン」のリスナー投票で選ばれる「第37回 日本アカデミー賞」の話題賞・俳優部門の中間発表で1位になった。

 昨年公開の邦画から「映画界で最も話題を集めた作品や俳優」に贈られる賞で、2位の福山雅治(44)、3位のAKB48・大島優子(25)らを抑えてトップに立った。出演作「ひまわりと子犬の7日間」も作品部門で2位にランクイン。自身がパーソナリティーを務める土曜日担当の「オールナイト-」で呼びかけたことが功を奏した格好だ。

 投票は2月9日まで番組HPで受け付け中。お笑いタレントとしては2011年のナインティナイン・岡村隆史(43)以来、3年ぶりの受賞となるか。

(紙面から)